夢子さんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 絵画展

<<   作成日時 : 2017/10/30 18:27   >>

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


                     「怖い絵』の著者、中野京子さん特別監修の
                     「 怖い絵]展が、上野の森美術館で開催中です。

                     もう、すでにご覧になった方もいらっしゃるよう
                     ですが、混んでいるようなので、私はもう少し
                     後になってから行こうかと思っています。

                     中野さんの本を読んだのは2008年でした。

                     本を読んだ後、ピカソの「泣く女」のことを
                     ブログに書いてありました。
                     (なんと、本の内容を丸ごと書いてしまったようです。

                     確か、図書館から借りてきたように思います。

                     手元にあったら、また読み返してみるのですが。
                                            
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 57
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは 夢子さんの2008年のブログを拝見しました。 ピカソの 「泣く女」 あの絵の背景にはそんなエピソードがあったのですね。私は 何の知識も無くロンドン滞在中に観る機会を得ました。父を亡くした直後でしたので 図録で観た時の感想と全く違って 号泣している女性にとても共感した事を覚えております。
怖い絵 のポスター 「レディグレーの処刑」も その時 鑑賞しました、とても大きな絵画で 映画のワンシーンのようでしたよ、お楽しみにご覧下さい。
ようこ
2017/11/01 20:22
 芸術の秋ということで、怖い絵の展示をご覧になりましたか。良いですねえ。やはり、怖いもの見たさというのはありますよね。
なおさん
2017/11/02 05:11
こんにちは。
以前のブログをお読みいただいて、ありがとうございます。
ようこさんは、もうすでにロンドンでご覧になっていたのですね。
今回の展覧会は、すべていわくつきの絵ばかりなので、興味津々です。
「泣く女」については、私も本を読むまで知らないでいました。
「レディグレーの処刑」のことは、私の読んだ本には載っていなかったように思います。 女王の座について、わずか数日で処刑されたなんて、残酷ですね。
どれくらいの大きさなのか想像がつきませんが、今から楽しみです。
行くのは、今月末から来月にかけてになると思います。
ようこさんへ
2017/11/02 15:45
こんにちは。
展覧会へは、これから行こうと思っています。 なぜなら、混んでいるようなので。
確かに、怖いもの見たさではあるかもしれません。 笑
なおさんへ
2017/11/02 15:47
こんにちは〜♪
中野京子さん特別監修なら見たい展覧会ですね。
私も中野京子さんのファンです。
サイコパスが特に面白かったですね、
この本も怖い本でした。
ピカソ(泣く女)はまだ読んでいませんので
読んでみます!(^^)!
ミモザ
2017/11/03 16:59
おはようございます。 
ミモザさんは、中野京子さんのファンだったのですね。 私は、「怖い絵」しか読んでいないので、これから他の本も読んで見ようと思います。
「怖い絵」は、数冊ありますから、できれば全部お読みになってはいかがでしょうか。私も、一冊しか読んでいないので、のこりのものを借りて読みたいと思っているところです。
ミモザさんへ
2017/11/04 08:31
♪ こんにちわ
レディ・ジェーン・グレイの処刑
人の残酷さを思わされます・・・
あえて観たいとか思わないのは
bokuの備える優しさが
正常であるといえるからなのか?
あえて教訓として残される絵画群は
興味本位で観る愚かさの中に染みさせようとしてる
「怖い絵」なんて謳うと群がる人たち
座間市の殺人など・・・怖い日本だ ☆
アメネコ
2017/11/05 13:25
こんにちは。
アメネコさん、私も優しい人間ですよ。笑  
でも、このような絵があることを知らないでいたので、本を読んで歴史的背景を知った今、見ておくべきかと思ったわけです。
”怖い”にはいろいろな意味があると思います。 
興味本位と言われてしまうと、何ともお答えしようがありませんが、ともかくそのような絵があるのだということを、この目で確かめておきたいのです。
簡単な深層心理テストにトライしてみたら、好奇心旺盛タイプとでました。笑
アメネコさんの憂う気持ちはよく分かりますよ。 でも、そう深刻になる必要もないのではありませんか。と私は思います。  
アメネコさんへ
2017/11/05 17:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
絵画展 夢子さんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる