夢子さんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 芥川賞作家

<<   作成日時 : 2018/01/22 09:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


                    「 おらおらでひとりいぐも」
                    これは、芥川賞受賞作のタイトルです。

                    著者の若竹千佐子さんは、岩手県遠野市の
                    ご出身です。

                    私の出身地でもあるので、今回の受賞には
                    驚きました。

                    まさか、あのような田舎町からそのような人が
                    出るなんて。

                    驚きです。

                    私には思い当たる人がいなかったので
                    妹に電話して聞いてみたら、妹の同級生の
                    ご親戚の方だったことがわかり、二度びっくり。

                    妹には、候補にあがった段階から連絡が
                    あったそうす。

                    でも、その時は気にもとめていなかったので
                    読まないでいたら、今回の受賞となったので
                    驚いたと言っていました。

                    私は、昨日から読み始めましたが、文章の中に
                    頻繁に出てくる方言が、私にもわからないものが
                    多く、メモをとりながら読んでいるところです。

                    もし、方言が分からない方が読んだらどのような
                    感想を持つのか気になっていたら、某テレビ局の
                    アナウンサーが、そのことは全く気にならなかった
                    と言っているのを聞いてホッとしました。

                    出身地が同じというだけで、全くの赤の他人なのに
                    若竹さんのことを見聞きするたびに、一喜一憂して
                    いるバカな私です。 笑




                    皆さんもよろしければ、お読みになってみてください。

画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 55
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントありがとうございました。
タイトルの「おらおらでひとりいぐも」は何となく意味が分かったような気になりましたが,念のためにネットで検索してみました。マユハケオモトでしょうか。きれいな写真ですね。
夢楽
2018/01/22 18:03
♪ こんばんわ
同じ故郷の方が光ることは
やはり嬉しいことなんでしょうne
なんとなくわかる気もします◎
オリンピックで日本が金をとる感じでしょうか?
ヨカッタですne◎ ☆
アメネコ
2018/01/22 20:25
おはようございます。
タイトルの意味を検索してくださったのですね。 昔は”わたし”のことを”おら”とか”おれ”とか言っていたのです。 ”いぐ”は”いく”のことです。
今では、方言で話すのはごく一部の年配者に限られているようです。 
写真の花は、神代植物公園で撮ってきたものです。 最初の写真は、マユハケオモトです。 大温室に咲いていました。
ご訪問、ありがとうございました。
夢楽さんへ
2018/01/23 08:47
おはようございます。
アメネコさんはご存じないでしょうが、私の故郷の遠野市というのは、”市”とは名ばかりで、近隣の多くの町や村が合併して市になったところなので、かなりの田舎町なのです。 ですから、今回のことはとても嬉しいことでした。
残念ながら、今の私はまったく方言を話せなくなっていますが、この本を読んだおかげで、方言のことを調べてみようという気になっています。
アメネコさんへ
2018/01/23 09:00
こんばんは。
芥川賞作家の若竹千佐子さんと
夢子さんは同郷なんですか。
素敵ですね!
私は難しい本は苦手なんですよ!
もっぱら専門誌ばかり読んでます〜♬

ご挨拶が遅くなりまして申し訳ありません。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
温かい励ましの気持ち玉をありがとうございました。
ぷりめいら
2018/01/23 23:00
こんにちは。
同郷というだけで、私には何の関係もない方なのですが、なぜか興奮してしまいました。 笑
専門誌のほうが、よほど難しいと思いますが。  人それぞれで、好みがありますからね。  

お元気になられて何よりです。 でも、どこで事故に巻き込まれるか分かりませんね。 私も気を付けたいと思います。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
ぷりめいらさんへ
2018/01/24 17:23
こんにちは〜♪
芥川賞作家の若竹さんは遠野市の出身だったのですね。
遠野市には2度行っていますが民話の世界で絵でも本にでも
なりそうな懐かしい所でした。
まだ、読んでいませんが読んでみますね!(^^)!
ミモザ
2018/01/25 16:15
こんにちは。
岩手の田舎町から芥川賞作家が出るなんて、あまりにも突然のことで驚きました。 いらしたことがある方なら、よくご存知だと思いますが、日本の原風景を残している場所ですよね。 「遠野物語」が書かれた当時と、それほど変わっていないような気がします。 まあ、それが良いところなのですけどね。
ところどころに方言が出てきますから、それもお楽しみください。 
ミモザさんへ
2018/01/25 17:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
芥川賞作家 夢子さんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる